物流会社が人手不足で困っているならM&Aで改善

物流会社が人手不足で困っているならM&Aで改善

日本では2010年頃から、物流業界で深刻な人材不足が懸念をされるようになりました。
これはインターネットが普及をしたことで、ネット通販を活用なさる方が急激に増加をしたことに起因をします。
配送スタッフの人手不足が目立つようになったことで、いまでは個人事業主も参入をしており、大手ECサイトでは個別に契約をするようになりました。
物流会社で人手不足に悩まれている場合、その打開策が1つだけあります。
ここでその打開策を述べると、M&Aという企業間提携です。
簡単に物流会社同士で可能となるM&Aのメリットを述べると、今まで互いにライバルとして存在をしていたところ同士が手を組むことで、同じトラック・人材で効率よく物流網を大きく広げることが可能です。
また人手が足らない地域に新しく人材を設置することもでき、物流会社同士の競争を気にせずに営業を推し進めることができます。
いまでは大手でも手を組まれることが珍しくなくなりました。

物流会社のM&Aによる業務拡張の方法について

現在、物流会社の存在意義はますます大きくなってきています。
このことはコンビニエンスストアの経営やネット通販などを見てもよくわかります。
ネット通販の場合であれば、購入者は家からインターネットを利用して商品を注文するということを行いますが、実際に品物を移動させるのは物流会社ということになります。
そのようなことで劇的に物流の需要は増加してきています。
このような状況において、中小企業の運送会社では需要に応えきれないというような状況に陥ってきました。
また後継者問題などの社会的な課題として挙げられるようになっています。
このような状況において、物流業界には大きな変革が起こりました。
その一つとして挙げられるのが、物流会社のM&Aです。
これには二つの意味合いがあります。
一つは中小の運送会社の後継者不足で、業務を引き継いでもらうという意味合いをもっています。
もう一つの観点は、M&Aで業務拡張を行うことにより経営の安定化を目指すというものです。

物流会社に関する情報サイト
M&Aって何?

このサイトでは、昨今ニュースでたびたび取り上げられてるM&Aについて解説をしていきます。企業間譲渡、または吸収合併という言葉で表現をされる経営術で、もともとは経済大国のアメリカで活発におこなわれてきました。いまでは日本でも行われるケースが多く、特に物流会社間で頻繁に実施をされるようになっています。事業継承という背景があるほか、人材不足の解消や経営方針の大幅な変更なども含まれます。簡単にここで予備知識を紹介しましょう。

Search