物流会社の再編が進む今こそM&Aのチャンス

物流会社の再編が進む今こそM&Aのチャンス

物流会社というと、人手不足や燃料コストの上昇など、様々な課題に直面していますが、再編が進む今こそM&Aのチャンスで考えるべき時なのではないでしょうか。
企業の合併や買収による統合を意味するM&Aは、厳しい状況を生き残る上で強力な武器になっています。
物流会社にとってもそれは同様で、複数の会社が1つに統合することで組織が大きくなりますが、スケールメリットを活かしたコスト上昇などの対策がとれるようになります。
また組織を大胆にも作り変えるチャンスですから、例えば人員を削減して整理したり、優秀な人材の給与を高めるような組織のあり方の見直しも可能です。
これまでだと痛みを伴う組織改革は賛同を得るのが難しく、意見を無視して舵取りをすれば多くの敵を作ることが殆どだったといえます。
業界に再編の波が押し寄せている現在は、物流会社の生き残りを掛けた取り組みが行いやすい状況ですが、むしろこの機会を逃さないことが重要なのではないでしょうか。

物流会社のM&Aコンサルタントについて説明します。

ここでは、物流会社のM&Aコンサルタントについて説明。
規制緩和による競争の激化により、貨物と注文の単価は下落しました。
多くの中小企業や個人経営の企業は、一生懸命経営することを余儀なくされています。
また、請負業者の増加は、これまで安定していた取引先との契約にも影響を及ぼしいます。
そのため、運輸・流通会社業界では下請け業者の選定が始まっている。
このような状況下で、M&Aや企業売上を検討する経営者が増加中です。
大手の運送・流通会社も業界で生き残るために再編を進めています。
そのため、大手企業間の事業提携を発表することも珍しくありません。
もちろん、今後は大手運送会社や物流会社が中小企業向けのM&Aや企業買収を積極的に行うことが期待されます。
運輸・配給会社全体を見ると、多くの産業が直面している問題は、労働力不足と後継者不足です。
また、上司の高齢化により、中小企業や民間企業がM&Aや企業売上を検討するケースも増えています。
特に3PL事業のノウハウを持っている運送会社や流通会社の経営者にとっては、M&Aや会社売却のチャンス。
したがって、タイミングを逃さないように、常にM&Aのトレンドを確認することをお勧めします。

物流会社に関する情報サイト
M&Aって何?

このサイトでは、昨今ニュースでたびたび取り上げられてるM&Aについて解説をしていきます。企業間譲渡、または吸収合併という言葉で表現をされる経営術で、もともとは経済大国のアメリカで活発におこなわれてきました。いまでは日本でも行われるケースが多く、特に物流会社間で頻繁に実施をされるようになっています。事業継承という背景があるほか、人材不足の解消や経営方針の大幅な変更なども含まれます。簡単にここで予備知識を紹介しましょう。

Search